明石駅から徒歩3分の田村眼科です。40歳以上の日本人では、20人に1人が緑内障と言われています。

医療法人瞳潤会 田村眼科

緑内障

1EYE DISEASE

明石イメージ

緑内障とは

緑内障は、視神経の障害により、見える範囲が狭くなったり一部見えない部分が発生したりする病気です。
初期段階においては、自覚症状はほとんどありません。無意識に視線を動かしたりして、両眼で補完し合って物を見ているためです。緑内障の進行とともに、中心部位にかけて見えない範囲が広がります。

40歳以上の日本人のうち、20人に1人は緑内障と言われています。

眼圧と房水

眼球の形や硬さを保っている圧力を「眼圧」といいます。眼球が柔らかくフニャフニャしていたり、逆にパンパンに張った状態では、きちんと網膜に像を結んで正常に物を見る事は出来ません。
ボールの硬さは空気圧によって決まりますが、眼球では「房水」という透明な液体がコントロールしています。房水が生成される量と、排出される量が一定のバランスに保たれていると、眼圧が安定します。

図1のように、「房水」は「毛様体」で生成され、その後「繊維柱帯」から「シュレム管」へ経由して流出するか、ぶどう膜・強膜から眼の外へ排出されます。房水が過剰に作られている場合や、どこかで目詰まりを起こしてうまく排出されない場合は、眼球が張って眼圧が高い状態(高眼圧)になります。
ただし、日本では眼圧が高くなる「原発開放隅角緑内障」に比べ、眼圧は正常範囲内なのに視神経が障害を受けてしまう「正常眼圧緑内障」の方が約10倍多いとも言われています。

【画像】房水の循環

緑内障の症状

緑内障の自覚症状として一般的なものは、見えない場所(暗点)が出現する、見える範囲(視野)が狭くなる、というものです。
しかし、先述のように自分では視野障害に気づきにくく、物を見る中心部まで視野障害が進行してくるまでは視力が良好な場合も多いです。進行してくると、視力低下や、場合によっては失明に至る可能性もあります。

その他、急激な眼圧上昇を認める場合(急性緑内障発作)には、眼痛、充血、かすみ目、頭痛、吐き気といった症状を訴えられる事もあります。これらの自覚症状や苦しさを感じるようであれば、早急に治療を受ける必要があります。

緑内障の分類

原発開放隅角緑内障

【画像】原発開放隅角緑内障

何か他の疾患によるものではなく(原発)、隅角という場所が開放されていて房水の流出路が確保されているように見えるが(開放隅角)、視神経が障害される(緑内障)疾患です。眼圧が正常範囲におさまっているのに視神経が障害される「正常眼圧緑内障」もこの中に含まれます。

原因としては、視神経の血流の問題、遺伝、免疫、酸化ストレス等が考えられています。また、加齢、近視(眼球が大きい)もリスク要因として挙げられます。

原発閉塞隅角緑内障

【画像】狭隅角と閉塞隅角の図

何か他の疾患によるものではなく(原発)、隅角という場所が狭まって房水の流出路が確保されず(狭隅角・図3)、ついには塞がってしまい(閉塞・図4)、眼圧が上昇したり視神経が障害される(緑内障)疾患です。

急激な眼圧上昇を認める場合(急性緑内障発作)には、眼痛、充血、かすみ目、頭痛、吐き気といった症状を訴えられる事もあります。これらの自覚症状や苦しさを感じるようであれば、早急に治療を受ける必要があります。
このタイプの緑内障は 白内障手術が有効です。白内障の進行によって水晶体の容積が大きくなると、狭隅角や閉塞になる可能性が高くなるためです。

続発緑内障

元々、全身や眼に別の疾患があって、それが元となり眼圧が上昇するタイプの緑内障です。開放隅角、閉塞隅角両方の可能性があります。

対策としては、原因となっている疾患をきちんと治療していく事が基本になります。

発達緑内障

生来、隅角に異常を認めるタイプの緑内障です。眼球が大きくなる事があり、「牛眼」とも呼ばれます。
幼児から若年齢層の間に診断されることが多く、特に乳幼児で眼球が拡大した後では、例え眼圧をコントロール出来たとしても視機能が障害されてしまう結果になりがちです。このようなケースでは早期に手術を行います。

緑内障の治療方法と心構え

緑内障の治療方法としては、点眼、内服、レーザー、手術等が挙げられますが、主に眼圧の下降を目指し緑内障の悪化を緩やかにするためのものです。
正常眼圧緑内障でも、眼圧をさらに下げることで視野障害の進行を遅らせることができる可能性があります。

ひとたび障害されてしまった視神経は、残念ながら回復することはありません。あらゆる手段を講じても進行を止められない緑内障もあります。
しかし、早期発見、早期治療が行えれば失明に至る危険性はぐっと少なくなります。医師の指示に従い、定期的に受診し、じっくり治療に取り組むという事が重要です。

緑内障の代表的な治療方法

薬物療法

多くの緑内障で、まず点眼治療から開始します。一時的に内服治療を行う場合もあります。緑内障の点眼薬にはたくさんの種類があり、一種類の点眼で効果が乏しい場合には複数の点眼を処方する事があります。
点眼薬治療は比較的安全ですが、それぞれに副作用があります。長年使用している点眼薬であっても、ある日を境に副作用を自覚する事がありますので、定期的な受診が必要です。


レーザー治療

レーザー治療は二つに大別されます。
まず、レーザーにより虹彩と呼ばれる部分に小さい孔を開け、眼内の房水の流れに変化を与える方法です。閉塞隅角緑内障の多くが、この方法で治療を行えます。次に、繊維柱帯にレーザーを照射することで、房水の排出を促進する方法です。開放隅角緑内障の人で、効果が認められるケースがあります。
当院では、どちらの治療も行えるレーザー機器を取り揃えています。


手術

薬剤やレーザー治療で効果が認められない場合に行われます。
線維柱帯を切開し房水の排出を促す方法と、房水を眼外に染み出すように細工する方法の二つがあり、症例に応じて適切な手法を選択します。
他の治療法と同様に、緑内障手術を行う目的も、眼圧を下げて進行を遅らせる事です。
緑内障の手術方法、治療成績は日々改善されていますが、術後合併症や再手術が必要となる場合もあります。また、手術が成功して眼圧が下降しても、定期管理は欠かせません。
最近では、房水の排出を改善するために留置する器具も使用されています。