兵庫県明石市 駅徒歩3分の田村眼科は、多焦点眼内レンズの先進医療認定施設です。民間保険の先進医療特約に対応可能です。

医療法人瞳潤会 田村眼科

先進医療認定施設

7ADVANCED MEDICAL

明石イメージ

先進医療とは

厚生労働省が定める、高度な医療技術を用いた治療のことです。
当院は、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術の「先進医療実施施設」として厚生労働省に認定されています。
この制度により、手術前後の診察、検査、投薬代金などに健康保険が適用できるようになる、民間の生命保険の「先進医療特約」の対象となるなど、患者さんにとっての金額的負担を軽減出来るようになりました。

多焦点眼内レンズ(保険適用)について

単焦点の眼内レンズと比べて、焦点が遠近に合う、眼鏡の装用頻度が減るといった利点があります。詳しくは多焦点眼内レンズのページをご覧ください。

ただし、多焦点眼内レンズはすべての方に適応するレンズではないため、術前検査にて適応外と判断される場合もございます。

先進医療認定施設の場合の費用について

レンズ購入・治療費などの目安
両眼 片眼 先進医療に伴う手術前後の
診察・検査・投薬代等
700,000円 350,000円 1割3割などの負担

健康保険が適用されます

当院(先進医療認定施設)でレンズを購入するメリット

当院は厚生労働省より「先進医療認定施設」として認められているので、多焦点眼内レンズを希望される場合は、以下のようなメリットがあります。


【1】先進医療特約等の適用

民間の保険会社で先進医療特約等に加入されている方は、高額な眼内レンズ代や施術料といった自己負担分の給付を受けられたり、手術給付金等の支給対象となる可能性もあります。

※ 契約内容や加入時期等により補償内容は異なりますので、詳しくはご契約の保険会社へご確認ください。


【2】健康保険の適用

先進医療に伴う手術前後の診察・検査・投薬代等に、健康保険が適用されます。

先進医療認定施設以外で同じ治療を受ける場合は、全ての費用が自己負担となります。