兵庫県明石市 駅徒歩3分の田村眼科 多焦点眼内レンズについてご紹介します。レンズの種類や特性、費用等を一覧でご覧頂けます。

医療法人瞳潤会 田村眼科

多焦点眼内レンズ

6MULTIFOCAL INTRAOCULAR LENS

明石イメージ

眼内レンズの種類

白内障手術では必ず眼内レンズを挿入します。
いくつかのレンズの種類を目的や費用、患者さんのライフスタイルに応じて選んでいきます。

多焦点レンズ

名称

Tecnis Multifocal

テクニスマルチフォーカル

レンズの種類

メーカー眼内レンズ

(回析型レンズ、屈折型レンズ)

先進医療

費用

先進診療(民間保険会社の先進医療特約対応)

両眼 700,000円 / 片眼 350,000円

(手術代、眼内レンズに関わる費用)

乱視矯正

無し

レンズの度数

0.5D刻み

選べる近くの焦点距離

30cm / 40cm / 50cm

レンズ形状と特性 【画像】多焦点レンズの特性
名称

FineVision

ファインビジョン

レンズの種類

トリフォーカル眼内レンズ

(アポダイズド回折型レンズ)

先進医療

X

費用

自由診療

両眼 900,000円 / 片眼 450,000円

(手術説明日から2ヶ月間の検査・薬剤料を含む)

乱視矯正

有り

レンズの度数

0.5D刻み / 乱視矯正可能

選べる近くの焦点距離

40cm / 65cm

レンズ形状と特性 【画像】多焦点レンズの特性
名称

Lentis

レンティス

レンズの種類

完全オーダーメイドレンズ

(分節屈折型レンズ)

先進医療

X

費用

自由診療

両眼 900,000円 / 片眼 450,000円

(手術説明日から2ヶ月間の検査・薬剤料を含む)

乱視矯正

有り

レンズの度数

0.01D刻み / 乱視矯正可能

選べる近くの焦点距離

40cm

レンズ形状と特性 【画像】多焦点レンズの特性

単焦点レンズ

費用

保険診療

レンズの度数

0.5D刻み

特性 【画像】単焦点レンズの特性

多焦点眼内レンズの種類や特性

【画像】多焦点レンズの特性イメージ

回析型

レンズ表面に回折格子(細かい溝)を切ってあり、これによって光を遠方、近方に振り分けて、遠近の焦点を合わせる多焦点眼内レンズ。

レンズの長所や短所

長所

  • 遠方、近方共に見えます。
  • 光が入る配分が遠近半分ずつとなるので、瞳の大きさで見え方が左右されることがなく、瞳孔の小さい高齢者にも安心して使用できる。

短所

  • 回折格子での光の散乱のため、光学的損失(近方にも遠方にも焦点を結ばない光の量)が多く、コントラスト感度がやや劣る。
  • 夜間の光のにじみ(ハロー、グレアー)を強く感じることがある。

屈折型

レンズ部分が同心円状に遠方用、近方用と屈折力の異なる領域が交互に繰り返される屈折型の多焦点眼内レンズ。3つのゾーンに分かれている。

レンズの長所や短所

長所

  • 中央部から、遠、近、遠の3層構造になる屈折型眼内レンズです。近用部の加入度数は3Dです。屈折型の特徴である解像度の良さを得つつ、移行部を少なくすることにより、ハロー、グレアが軽減されています。

短所

  • 中央が遠用ですので、瞳孔径が小さくなる明るい場所や、高年齢では実質的に単焦点レンズとなり、近く用のメガネが必要となってきます。

自由診療多焦点眼内レンズの種類や特性

【画像】ファインビジョン

「ファインビジョン(FINE VISION)は、PhysIOL社(ベルギー)から2011年に発売された、遠見と近見に加え中間距離にも焦点が合う「3焦点型」の乱視矯正も出来るトリフォーカルレンズです。

FINE VISION トリフォーカル眼内レンズが優れている点

【1】焦点が「遠く」「中間」「手元」の3ヶ所。中間距離にもピントが合う事が最大の特徴

【2】乱視矯正も可能

【3】2焦点型のレンズよりハロー・グレアが少ない
【画像】レンティス エム プラス

LENTIS遠近両用眼内レンズは、ドイツOculentis社が製造している世界最高の性能を持つ最新の多焦点眼内レンズです。
レンズ部分に遠方用と近方用の部分があり、遠くと近くを見ることができます。

特にLENTIS Toric(乱視矯正)レンズは今までの眼内レンズの50倍の精度、屈折度数を0.01D刻みで、ご自身の目に合わせて完全オーダーメイドで作成し、乱視も矯正可能です。
このため、レンズが届くまでに約6週間のお時間がかかります。

ヨーロッパでは、CEマークを取得しており、すでに数多く使用され非常に良好な結果を得ています。

LENTIS 遠近両用眼内レンズ

【画像】レンティス遠近両用眼内レンズ概要図

LENTIS遠近両用眼内レンズは、カーブの異なる2つの球面を組み合わせています。 遠方、近方のレンズの移行帯が他の多焦点眼内レンズより少なく、かつ非球面なので、光学的損失(近方にも遠方にも焦点を結ばない光の量)は5%です。

瞳孔に入る光の95%が、遠方、近方のどちらかに焦点があうため、今までの多焦点眼内レンズより明るく鮮明な像が得られます。

LENTIS 遠近両用眼内レンズが優れている点

【1】完全オーダーメイドで0.01D刻み乱視まで矯正可能(乱視矯正レンズの場合)

【2】近方も遠方も良好な視力が得られる

40㎝から遠くまで広範囲に明るく見えます。30㎝より手前は少し見辛い場合がありますので、細かい字を見る時などは眼鏡が必要となる場合があります。


【3】コントラストが良好

一般的にコントラストの感じ方は加齢に従って徐々に低下します。
低コントラスト状況にあると「視力は良くても見えにくい」といった症状になります。
LENTIS遠近両用眼内レンズはコントラスト感度が低下することが少ないのが特徴です。

【画像】コントラストによる画像の変化


【4】ハロー・グレアが少ない

強い光源を見た場合、光がにじんで見えたり(ハロー)、まぶしく感じたり(グレア)することがあります。
個人差はありますが手術後の時間の経過とともに慣れてくると言われています。
他の遠近両用眼内レンズに比べ、ハロー、グレアなどで何となく見にくいという現象は少ないと言われています。

【画像】通常の見え方とハロー・グレアの見え方の違い