兵庫県明石市 駅徒歩3分の田村眼科 白内障の術前検査についてご説明します。視能訓練士と看護師が共同でしっかりと検査します。

医療法人瞳潤会 田村眼科

白内障の術前検査

3PREOPERATIVE EXAMINATION

明石イメージ

大切な術前検査

【画像】検査箇所で使用する機器の説明

精密検査も含む術前検査は、より良い術後の屈折に関わる大切な検査です。
手術を受ける前に視力低下の原因が本当に白内障だけによるものなのか、眼底や角膜、眼球内部の状態について最新の器機による詳細な検査を行っています。

【画像】トポグラフィー

トポグラフィー:角膜形状測定

角膜のカーブの状態や形状・乱視の有無に異常がないか等について、角膜トポグラフィーにより検査しています。


【画像】WF(ウェーブフロントアナライザー)

WF(ウェーブフロントアナライザー):詳しい乱視のチェック

新型のウェーブフロントアナライザー(波面収差解析装置)により、術後の屈折に大きくかかわる乱視について詳細な検査を行っています。


【画像】IOLマスター700

IOLマスター700:眼内レンズ度数の決定

白内障手術時には眼球の長さ(眼軸長)を計測し、それをもとに各人に合わせた眼内レンズの度数 を計算しています。
IOLマスターは、より精度の高い眼軸長測定が可能なため、希望される術後屈折度数(見え方)に非常に高い確率で合わせられるようになりました。

【画像】オプトス

オプトス:超広角走査レーザー顕微鏡

オプトスは広範囲の眼底(画角200度)を無散瞳で撮影でき、散瞳時のように4~5時間見えにくくなることもありません。無散瞳で網膜周辺部まで観察。いわゆる緑内障発作がおこりそうで散瞳が難しい目の眼底検査にはとても有効なマシーンです。


【画像】OCT

OCT:網膜のチェック

眼底は疾眼患の診断や治療方針の決定に欠かせません。OCT(光干渉断層計)により光が焦点を結ぶ視機能上大切な場所である網膜の断層像を撮影します。白内障以外に視力低下の原因がないか特に網膜の一番大事な黄斑部のチェックが出来ます。